NEWS

Nani Cole

クルマに乗ったままマルシェが楽しめる「Drive-in Marche」

Nani Cole(ナニコレ)とは
Startup [N]の番組内で、毎週1組に自社商品のPRから企画やイベントなどの情報を告知してもらう情報コーナーです。

2020年5月23日放送Nani Coleゲスト
作井孝至さん(株式会社New Ordinary 代表)

 5月23日の「ナニコレ」には、作井孝至さんが登場。世界中に“New Ordinary(新しい当たり前)”の提供を目指し、社会課題の解決にコンテンツマーケティングで取り組む株式会社New Ordinary(ニュー・オーディナリー)の代表を務めています。

 そのニュー・オーディナリーが手がけた、クルマに乗ったままマルシェ(市場)が楽しめる「Drive-in Marche(ドライブ・イン・マルシェ)」が、緊急事態宣言下のコロナ禍で3密を避けたイベントとしてニュースを賑わしました。

 このドライブ・イン・マルシェは、ドライブスルー型のマルシェプラットフォームを活用した新サービスで、ドライバーはクルマの外に出なくても料理や商品が購入できるシステムです。4月と5月に愛知県豊田市の豊田スタジアム駐車場で行われました。

 システムは至ってシンプルで、スマホで注文、来店時間や支払い(現地払いも可)を完了したら、会場内の店舗前にクルマを移動、クルマの窓越しに注文番号を店舗スタッフに見せます。商品受け渡し台に商品が置かれたら、ここではじめてクルマの窓を開けてドライバーが商品をピックアップします。この間、ドライバーも店舗スタッフも直接対面することがないため、感染リスクが限りなく低くなる仕組みです。また、徒歩での来場者には、自社開発の無人搬送ロボットを活用するなどソーシャルディスタンスを保つことを徹底したとのことです。


 実は作井さん、元々11年間に渡り愛知県のメーカーに従事し、生産技術開発エンジニアとして産業用ロボットシステム開発や加工アプリケーションの開発、CFRPを中心とした新材料における生産技術開発などを行ってきました。しかし、趣味のStartup WeekendやHackathonにたびたび参加しているうちに社会課題を本気で解決したくなり、Startup Weekendで出会ったメンバーと起業。最初の事業としてコロナウイルス被害により営業自粛を続けているマルシェを応援するために、このドライブ・イン・マルシェを約1か月で立ち上げたと言います。

 ニュー・オーディナリーでは、利用者だけでなく、主催者やスポンサー、出店者にもこのドライブスルー型のマルシェプラットフォームの活用方法を分かりやすく解説する専用ウェブサイト「DRIVE-in New」を提供しています。今後は、クルマに乗ったままで楽しめるエンターテインメントなども計画中とのことなので、詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

●株式会社New Ordinary peraichi.comperaichi.com/newordinary
●DRIVE-IN Marche app1.liitin.work
●DRIVE-in New peraichi.com/drivein